Date. 2017.7.16

徹様&沙織様

Qアスタープレイスにご決定頂いたご理由は?

 

挙式は綺麗で上品な、披露宴はアットホームで可愛らしく。そんな両方が叶う式場を探していました。そして「ステンドグラスがある所もいいね。ステンドグラスはお母さんが好きだから喜ぶかも」そんな気持ちで行ってみたのがアスタープレイス。 実際に行くと、天井も高く、写真で見ていた以上にステンドグラスが綺麗で大きく、想像をはるかに超えるもので、感動しました。ガラス一つ一つの色がとても美しく、重厚感もあり、カメラや携帯で撮っても綺麗に映る。上品で綺麗なチャペルはここしかない!と思いました。

バージンロードも深みのある赤色で、30mという長さから父だけでなく、母ともバージンロードを歩くことが可能だと教えてもらいました。「母から産まれて、父に支えられ、これから新郎とこの先を歩んでいく」そこも惹かれたポイントです。祭壇があることで、後方の参列者にもちゃんと見てもらえること、披露宴会場『アジュール』は会場が横長になっており、高砂席から参列者や親族までの距離が近いことも、選んだ理由の一つです。 そして、なによりも担当していただいたプランナーさんの対応がとても良く、話しやすく、仕事に対する思いも強く、親身になって私たちの話を聞いて下さりました。思わず、こちらから挙式本番まで担当をお願いするほどでした。

 

15

 

Qお二人様が挙式、そして披露宴で一番こだわったPOINTは?

 

自分たちの晴れ舞台ではありますが、参列者が楽しんでくださり、両親に感謝の気持ちがしっかりと伝わる、堅苦しくないあたたかな式をしたいと2人とも考えていました。ウェルカムスペースには私たち夫婦のものだけでなく、友人との思い出のアルバムをたくさん飾ったり、装飾の細かい部分まで、自分たちの個性が出るように、こだわりました。 2人で行く旅行では、式に使えそうな写真をイメージして撮影したのも、楽しい思い出です。

披露宴会場では、乾杯のグラスにリボンをつけたり、卓上の花にも自作のリボンを付けてもらったり、ケーキのデザインもプランナーさんたちと何度も相談したりと、オリジナルを追及しました。緊張して、遠慮がちな親族や友人、皆とちゃんと写真が撮りたかったので、キャンドルリレーの時間を、テーブルフォトラウンドの時間にあてたりもしました。

新婦の親族と一緒になって考えた、新郎から新婦へのサプライズムービーも、とても嬉しく涙が止まりませんでした。

 

12

13

 

Q式場をご検討されていらっしゃるお客様へ式場を決定するにあたって、また今後ご結婚式の準備を進めるにあたってのアドバイスをお願い致します

 

お互いに働いて多忙の中、式の準備を進めていく方も多いと思います。その中で私たちは、得意分野を分担して準備を進行させてきました。式が近づくにあたり、新婦だけが準備に追われてしまいがちですが、2人で協力し合うことで、準備の時間も楽しい思い出となっています。情報収集も準備の一つです。たくさんの人たちから式についてのアドバイスをもらいながら進めていったので、つまずくことも少なかったように思います。

準備中に疑問に思ったことや、心配事は、まめにプランナーさんに相談させていただきました。そのおかげで、私たちにとって、本当に心に残る、楽しく、あたたかな式にすることができました。友人や、親族、職場の方たちにも、「感動した」「幸せがこっちにも伝わってきた」「今まで参加した中で、一番良かった」と言っていただけました。親から「良い式だったね」と言ってもらえた時は胸が熱くなりました。

 

Qアスタープレイスのスタッフに一言お願い致します

 

担当していただいたプランナーさんは、笑顔がとても多く、気さくなお姉ちゃんのように私たちの相談にのってくださったので、打ち合わせの時間もすごく楽しく過ごせました。

些細な疑問の電話にも、快く対応してくださり、声を聞くたびに、安心して準備を進めてこれました。 細かいところまでしっかりと確認していただき、仕事に対する想いも強く、素敵な式にしてあげたいという、まっすぐな気持ちが私たちにも届き、とても信頼できました。このプランナーさんに出会えたこと、担当していただけたことは、本当に良かったと感じています。アスタープレイスでは、担当のプランナーさんだけでなく、サポートしてくださる周りのスタッフの方皆さんが、とてもあたたかい目で私たちを見てくれているのが伝わりました。アスタープレイスに行ったきっかけはステンドグラスですが、今ではアスタープレイスのスタッフの皆さんの笑顔もよく思い出します。1年という短い期間ではありましたが、大変お世話になりました。また、会いに伺いますね。

私たちの結婚式に携わってくださった、全てのスタッフの方に、感謝しています。本当にありがとうございました。

14

 

2017.7.16 徹様&沙織様