レイブンクローとは?ホグワーツ魔法魔術学校の寮の一つで特徴や生徒などを紹介

ハリーポッター 未分類

レイブンクローってなに?

レイブンクロー

レイブンクローは、ハリーポッターに出てくるホグワーツ魔法魔術学校の寮です。

ハリーポッターのシリーズには全部で4つの寮があり、どれも特徴的なものなのですが、中でもレイブンクローは個性豊かなキャラクターが魅力になっている場所で知られています。

4つの寮の中でもレイブンクローは学問や研究精神に富むものや、知性に優れた者が集う場所となっており、好奇心旺盛で創造性に長けた人を求めています。

そのためホグワーツ魔法魔術学校の中でも成績上位者はレイブンクロー生であることが多いです。

成績に重きを置き、時にはお互いを出し抜きあうこともあり、相手を見下す者もいます。

一筋縄ではいかない人が集っており、寮生としての結束には頓着がありません。

レイブンクローの魅力

レイブンクローの魅力の一つにシンボルがあげられます。

レイブンクローのシンボルは鷲であり、レイブンはワタリガラスから、クローはかぎ爪という意味があります。

鳥類の中でも賢いイメージが強い鷲がふさわしいと判断されシンボルになり、鷲の自由さと青空を優雅に飛び回る姿を反映しています。

この他の魅力ではどの寮であっても必ず合言葉があり、それを発して入るのが基本ですが、レイブンクローの場合は談話室で謎が出題され、その謎を解かなくては入室することができません。

逆に謎を解いてしまえば誰でも入ることができるということです。

この部分は知性がある故の隙であり、どんなに知性があっても抜けている部分があるということを象徴している面でもあります。

レイブンクローの特徴

レイブンクローの特徴は何といっても機知と叡知に優れた者が集まる寮という点になります。

ですが生徒だけでなく寮監もまた個性が豊かであり、特にハリーが在学していた時の寮監はわかりやすい授業を行うことで評判の人物でした。

この人物は魔法使いとゴブリンのハーフであるためとても小柄であり、授業中には机の上の本に乗るなどいたずら好きの面もあります。

この他にはレイブンクローにはゴーストが取りついており、このゴーストは灰色のレディと呼ばれています。

この灰色のレディこそがレイブンクロー寮の創設者の娘であり、ゴーストになった理由は大変悲しいものでありました。

ただの寮ではなくレイブンクローにも物語があり、その物語が魔法学校の一つの歴史になっています。

レイブンクロー寮生の特徴

レイブンクロー寮生の特徴は、学者肌の人物が多いことがまずあげられます。

頭が良いのは当然ですが、インテリ系が集まる場所として有名で哲学者のように思考が大変深いです。

冷静に判断をするので合理的であり、合理的ゆえに隙を見せる時もあります。

また読書が好きであり、たくさんの知識を集めることを生きがいとしそれを活かそうとする面も見られます。
図書館を占領している集団はほぼレイブンクローの寮生であることが多く、どんどん知識を吸収していきます。

このほか、成績は優秀、さらに完璧主義で個人主義です。

グループで群れることはなく、自分の意見を曲げてまで他の集団に従おうとはしません。

人一倍プライドが高いので、なかなか素直に人の意見を聞き入れない面もあります。

コメント